サーキット活動

2022年5月23日
午前中のサーキット活動は
プレイルームでいろいろな活動を工夫して行っています。
大切にしていることは、子ども達が「楽しい」「もっとしたい」と
笑顔になれる活動である事です。
今日の布団そりは子どもたちの、楽しそうな歓声が聞こえてきました。



自分が動かす(能動的)のではなく、他人が動かす(受動的)刺激に対して
上手に身体を使う練習です。
身体にギュッと力を入れながら、柔軟にスピードやカーブに対応するバランス力が必要です。
この受動的な刺激は、スピード感や揺れが大好きなお子さんには、とても楽しい刺激であるのに対して、怖がりであったり、不安が強いお子さんには回避したい刺激になります。

そんなお子さんには・・・



少しずつ、相手からの刺激に慣れるよう布団を使ってぐるぐる巻き遊びを取り入れます。安心感のある中で、少しずつ刺激を楽しめるようになってきます。
「楽しそうだな~。」「ちょっとやってみようかな~」
という気持ちになればチャンスです(^^♪



そこからは、楽しむ天才の子ども達です!
最後まで笑顔全開で活動に参加できました(^^♪


ぞうきん絞り♪

2022年5月25日水曜日。
5月も後半になり、毎日暑い日が続いています。
児童発達支援では、水遊びをかねてぞうきん絞りをしました。
はじめて絞る子もいて、握り方や絞り方を丁寧に伝えました。




両手を使って、しっかり絞る練習をしました(^^♪

     


5月の制作

 2022年5月12日
児童発達支援では5月の製作をしました。
シャボン玉を使っての「バブルアート」です。

   

シャボン玉を上手に作るためには「ふーっ」と吹くためのに口の筋力を使います。

また、息の強さも調整しなくてはいけません。




綺麗な色のシャボン玉に子ども達も歓声を上げながら、楽しんでいました。

完成したアート作品は、きれいな紫陽花の花になりました(^^♪








小集団活動

2022年3月1日
『小集団活動』
放課後デイサービスでは毎週木曜日に小集団での活動を行っています。
友達と一緒に協力し合い、ルールや約束を守って活動に参加することで
自己有用感を高め、達成感を味わいます。


真剣な表情で説明を聞いています。



『仮装コンテスト』



『フルーツバスケット』

     








サーキット運動

2022年1月14日
『サーキット運動』
児童発達支援では、午前中サーキット運動をしています。

楽しい遊びを通じて身体のバランスや調整力を整えます。
 

トランポリンは空中に浮かぶことで、身体の揺れや不安定さを楽しむ、子ども達が大好きな活動です。
トランポリンでは、揺れを感じると同時に着地の際に足から強い感覚刺激が入ります。足に力が入る事で、無意識に着地を安定させたり、バランスをとる力を養います。
また、身体を動かすことが好きなお子さん、じっとしていることが苦手なお子さんもトランポリンで快刺激を十分に与えてあげることで(動の活動)、次の活動(椅子に座る。静の活動)に落ち着いて参加できるようになります。

  

トンネルくぐりは自分の身体を意識して、しっかり前を見て手足を上手に使いながら進みます。